感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮


感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。





感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2017/10/12

一昨日、
ミーはリビングでボケーっとしていました。
平穏だけど、退屈なわけでもない…
そんな瞬間を味わっていたというか…

すると…
ふっと古い記憶が
よみがえってくるような感覚を感じました。

ミーの心の中に見えたもの…
それは、パパの腕に抱かれている、
まだ寝返りもできないぐらいの赤ちゃんの自分でした。

満たされて、何の不満もないミー。
穏やかな優しい目でみつめてくれるパパ。

あれ~、これって何だろう~?
本当に私の記憶なのかなあ~?って、思いましたが、
人はすべての記憶を脳に刻んでいるっていわれてますよね。

ただ、思い出せなくなる記憶がたくさんあるのだと…
ということは、
これって本当の記憶なのかもしれません。

赤ちゃんの自分を思い出したのと同時に、
あぁ、ミーはパパのことが
大好きだったんだなぁ…と改めて思いました。

そして、パパももちろん、
ミーのことがかわいくてしかたなかったんだなぁ~
と思えました。

とても、温かい感覚でした。

誰でも赤ちゃんの頃、誰かに抱っこされて、
ただただ愛おしい…という目で
見つめられたことがあったはずですよね。

それがパパや母親ではなくても、
そこにいるのは「愛されている赤ちゃん」だと思います。

ミーたちはみんな、
もともと愛されているんですよね。

でも
「自分は愛されていない」
という誤解をしてしまうことがあります。

誤解は誤解を生んでしまい、
誤解の海の中で身動きが取れなくなる。
ミー自身がそんな感じでした。

誤解は人生をややこしく、
難しくするのだということを、
ミーは経験から学びました
感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

レーシックで遠視の矯正も可能
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
老眼の悩みもレーシックにお任せ
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックで失明をしてしまう可能性
どの程度視力が回復するのでしょうか
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり安心情報ガイド