豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ


豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術を行った時の失敗の可能性は、通常の一般的な手術と同じで決して高いものではありません。

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内でも多くの人が受けており、しかも国内での手術の失敗事例はこれまでに報告されていません。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績がともなっているクリニックの在籍をしている医師ほど、安心して手術を受けることが出来ることでしょう。





豊富な知識と経験のある医師を選ぶブログ:2018/05/14

くだらないことで不条理なパパ…

わたくしが小学生の頃、
勉強でわからないところがあってパパに聞きに行くと、
最初は機嫌よく教えてくれようとするが…

結局理解できず最終的に
「授業をちゃんと聞いとかないからだ」と逆に叱られた。

中学、高校の思春期に入ると
わたくしはパパによく反発するようになった。

その時わたくしがよく思ったのは、
パパのようにはなりたくない…ということだった。

安月給の中小企業サラリーマン、
会社でストレスを溜めてきては家庭でやつあたり、
休みの日は家でだらだらとテレビの前で横になり、
そんなパパに対し
お母さんはぶつくさとわたくしに愚痴をこぼす。

わたくしはパパが嫌いなわけではなかった。
ふざけたことばかり言うパパが好きだった。
だが、パパのようにはなりたくなかった。

わたくしが大学に入った頃、パパは鬱病にかかった。

会社の経営が傾いたことが大きな理由だった。
パパの苦労など気にも留めず、
わたくしは近所にアパートを借りて家を出た。

時々家に帰ると平日の13時なのに
パパは会社にも行かずテレビの前で横になっていた。

わたくしを見ると相変わらず冗談を口にするが、
その顔には疲れがにじんでいた。
人生への疲れに見えた。

就職してからわたくしは、
パパの苦労が少しずつわかるようになった。

わたくしはストレスから二年で会社をやめ、
今は公務員を目指して勉強している。

パパはまだ病気と闘っている。
お母さんによると、
会社も以前よりは行けるようになったそうだ。

一日一日を、自分と戦いながら生きている。
おとうと、お母さんを守る為に…

もしかしたら
わたくしにパパらしさを見せようとしているのかもしれない。

わたくしはパパのようになりたくなかった。
でもわたくしはまだパパを越えられない…
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

★メニュー

レーシックで遠視の矯正も可能
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
老眼の悩みもレーシックにお任せ
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックで失明をしてしまう可能性
どの程度視力が回復するのでしょうか
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり安心情報ガイド