レーシックの後遺症は一時的

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 



レーシックの後遺症は一時的ブログ:2017/09/25

結婚して、新しい生活がスタート。
二人で食べるご飯は、何よりも美味しいものですよね。

でも、いつの間にか
「幸せ太り」なんてことはありませんか?
これから先、お互いのためにも健康でいることが大事ですよね。

結婚後太ってしまうのは、
ご飯量の増加や
体操不足などで消費するエネルギー量が減ったなどが考えられます。

手料理を美味しいと喜んでもらい、
ついつい多めに作ってしまう…
という人は、
1日に食べる全体量を計算し、
料理を作り過ぎないようにすると
食べ過ぎも防止でき、節約にもなりますよ!

仕事で帰りが遅く、ご飯が深夜になりがち…
日本酒も飲む習慣がついている…
という人は、
遅くなるパートナーを待って一緒にご飯をする場合、
先に半分くらいの量を食べ、
あとはおつきあい程度に食べるといいですよ。
また、日本酒は曜日を決めて飲むか
少し控えるようにしましょう。

無意識のうちに気疲れやストレスを抱え、
時間があるとついつい食べてしまう…
という人は、
食べることとは直接関係のない外出・散歩を習慣づけると
リフレッシュにもなるし、体操にもなるので
一石二鳥ですよ!

家の中で過ごすことが多く、
体操量が低下している…
という人は、
普段から意識して体質を動かし、
代謝効率を維持するように心がけましょう。
適度に体質を動かすことは
代謝を下げにくい体質作りには必要なことです。

家族になった2人が心がけたいのは、
お互いに健康な連日を送ること。

くれぐれも
「せっかく作ってくれたのだから…」
「食べないことは迷惑になる」
「どれだけ多くても必ず全部食べる」
とならないようにしましょうね。

じゃんじゃん