感染症にかかってしまわない為の配慮

レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

 

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。

 





美少女フィギュアについて
美少女フィギュア
URL:http://fig-ad.com/


感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2018/11/10

母が亡くなってから
パパとミーは二人暮し。

パパと母と兄貴とミーの四人家族のうち、
パパとミーの仲はすこぶる悪い。

兄貴が結婚を機に家を出て、母が急逝して、
一番仲の悪い二人が残されて暮らすことになってしまった。

四人で暮らしていた頃は
母や兄貴が緩衝作用をしてくれて摩擦は避けられていたが、
二人きりになってからというもの
険悪さは赤裸々になっていった。

お互い、物静かな性格だから
取っ組み合いや言い争いなどはしない。

ひたすら無視しあうばかりの冷戦となる…
陰湿なことこの上ない。
どうしても伝達が必要な場合は筆談や、
メモを置くということになる。

「お前の言い分もわかるけれど、お前の半分はお父さんなんだよ」
兄貴がぽつりと電話越しに言った。

「お前が嫌っているお父さんは、お前の半分なんだよ。
それにおれの半分でもあるんだよ。自分の半分を嫌って気持良いか?
おれの半分は嫌いか?」

ミーの半分はパパ。
大好きな兄貴の半分もパパ。
パパを嫌うことは、自分の半分を嫌うこと。
パパをののしることは、大好きな兄貴の半分もののしること。

「お父さんにもっと優しくしてやれよ。おれのお父さんでもあるんだからさ」

兄貴にそう言われて、
心の奥の奥で凝り固まっていた何かが
すっと溶けたような気がした。

パパに優しく言葉をかけたら、
ミーの半分も優しくされたようで気持良い。
ミーの半分が喜んでいる。

パパを大切にすることは自分自身を大切にすること、
大好きな家族を大切にすることなんだ!

両親と娘、この不思議なつながりを大切にしたいと思う。
そうしてパパとの暮らしを丁寧に重ねていきたい。