手術中に痛みを感じることはほぼ無い

レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。

 



手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:2019/02/25

メタボリックシンドロームのリスクが上がっていけば、
医師はもちろん減量を勧めます。

しかし医師の言う「減量」は体重を減らすことではなく、
内臓脂肪を減らすことを指しています。

メタボリックシンドロームは生活習慣病を発病させる原因ですから、
早めに解消すべきなのです。

つまり、
運動不足や偏っている食べる事で蓄えてしまった
内臓脂肪を減らすことに目的があるというわけです。

内臓脂肪が残っているのがいけないのではなく、
過剰にあることが問題なのです。

適正な状態で内臓脂肪が残っていれば、
内臓を守るという本来の働きをしてくれるのです。
しかし過剰になると、内臓の働きを邪魔してしまいます。

ですから
やみくもに体重を減らすという減量を行っても、
内臓脂肪が落ちていかないという状態になる方もいるので、
その場合は減量方法を見直す必要があるわけです。

実は、内臓脂肪って皮下脂肪よりも落としやすい脂肪なんです。

呼吸や会話ができるほどの有酸素運動をこまめに行っていくだけでも、
内臓脂肪はかなり落ちていきます。

食べる事メニューにも気を配る必要があることは確かですが、
皮下脂肪より結果が出やすいようです。

ところが運動で落としても、
食べる事の中の塩分や脂質が過多であれば、
残念ながら、内臓脂肪はすぐに増えていきます。

生活習慣病を防ぐ食べる事メニューには、適度な塩分、脂質を加え、
運動をライフスタイルの中に加えていくことが、
アンチエイジングを考える減量では、重要になるのです。

いわば若い頃の減量とは、方法が変わってくるんですね。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)