レーシックで遠視の矯正も可能

レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。

 

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。

 



レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:2017/10/12

わたしの実家は、
祖母の代よりずっと女系家族であり、
婿養子という形で現在に至っている。

わたしも妹と二人姉妹であるため、
幼い頃から父母はもちろん、祖母からは特に、
婿養子をとり家を継ぐことを切望されていた。

それに対し、
幼いわたしは「うん」と無邪気に答え、
それを見て祖母は、
目を細めながらとても嬉しそうに笑っていた。

わたしは祖母の笑顔が大好きだった。

ところが、高校生になったあたりから、
いつしかそれは、
わたしの将来に、重く大きくのしかかる
暗い枷のように思われるようになった。

社会人となってからは、歳を重ねるごとに、
わたし自身がはっきりと答えを出さねばならない日も、
そう遠くはないと感じるようになっていた。

そんな日々の中で、
わたしはある男性と出会い恋に落ち、
そして結婚することになった。

ただ、その人は長男であった。
愛する人と結婚できることはすごく幸せだったが、
同時に、家を継がなかったことで、
父母そして何より祖母の思いを裏切ったことに対して、
申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

わたしは結婚を報告するために
勇気を出し、祖母の部屋へと向かった。

ところが、
たわいのない話ばかりをしてしまい、
なかなか本題を切り出せずにいた。

そんなわたしを悟ったのか、祖母が私に、
「いよいよ結婚するのね」
と言った。

わたしは、こみ上げてくる涙を必死でこらえながら頷き、
「でも、家を継げなくなって…、本当にごめんなさい」
と言った。

それに対して祖母は、
「何を言うの。こんな嬉しいことはないよ。おめでとう」
と答えた。

あまりに意外な祖母の反応に驚くわたしを、
祖母は、満面の笑みで見つめていた。

その笑顔は、
幼い頃からわたしが大好きだったあの笑顔だった。